自分は無力

実際に私たちは無力です、患者さんと向き合いながらスピリチュアルな痛みや苦しみに耳を傾けることしかできない場合がほとんどです。
共感するだけでも患者さんが精神的に癒されて事もあるのです。
返す言葉がなかなかないのですが何とかなるものです。
スピリチュアルな問題は自分の存在そのものに対する問いかけです自分の存在価値を他者との関係性の中にあるものです。
社会との関係性持たずに着ることは難しいことですよ。
周囲の人によって尊厳を傷つけられるようなことが自分の身にふりかかると自分らし個性はだんだん失われていきます。
自分らきさがなくなり、引きこもりになってしまう場合もあります
まほどほどに。適当に生きるというのが一番行きやすいのかもしれません。

自分は無力
Scroll to top