退職代行を利用して良かったこと

新卒で入社した会社を1年3ヶ月で退職した。
当時は、この選択が正しかったのか、間違っていたのかも分からないまま辞めたけど、今振り返ると色々と学んだ点が多いと思う。
今回は、退職してみて感じたことをまとめてみた。
退職する理由に正解はない? 私は、新卒で就職してから1年と3ヶ月くらいで転職した。
その時は、特にこれといった理由もなく、「何となく」という漠然とした理由で会社を辞めてしまった。
しかし、今考えるとそれは間違いだったのかもしれない。
というのも、理由は人それぞれだけど、例えば、給料が低いからとか人間関係が悪いとか、仕事内容に不満があるなど、様々な理由があって辞める人が殆どだと思う。
私の場合で言うと、一番大きな理由としては、ブラック企業だったということだ。
当時の私の会社は、残業代も出ないし、休日出勤手当ても出ないし、サービス残業も当たり前のようにあった。
そんな状況では、いくら働いても収入は増えず、ストレスだけが溜まる一方だ。
そして、毎日終電まで仕事をしていたにも関わらず、仕事内容はルーティンワークのみで、新しいことを学べるわけでもない。
更に、上司からは怒られっぱなしだったので、精神的にもかなり追い詰められていた。こんな状況が続けば、どんな人間でもいずれ潰れてしまうだろう。
だからと言って、他の会社の求人に応募してみたところ、条件が良いところが見つかった!なんてことはなく、結局同じような状況の会社に就職してしまったのだ。
もちろん、他の会社の方が給与が高かったり、福利厚生がしっかりしている場合もあるかもしれない。しかし、その分労働時間が長くなり、仕事内容が単調なままである可能性だってある。
それなら、多少キツくても自分に合った職場で働いた方が精神衛生上良いのではないかと思ったのだ。
そこで、自分にとってベストな選択をしたと思っているのだが、実際にどうだったかと言うと、結果的には大成功だったと言える。まず、給料が上がったのが大きい。今までは月給20万円前後だったが、今では30万円以上貰えている。これは大きい。
また、時間的にも余裕ができた。前職だと終電まで働くことが当たり前で、朝も始発電車に乗ることが多かった。

退職代行ガーディアンの口コミ・評判

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。