坂本勇人と平子理沙が子供を欲しがらなかった理由とは

坂本勇人、子供を欲しがる
そんな美意識の高い平子理沙は、出産によって自分のスタイルが崩れることを恐れ、結婚当初から「出産を拒んでいた」。
また、子供を産むことが怖くて、子供を産みたくなかったそうです。
モデルとしてだけでなく、ファッションブランドのプロデューサーとしても活躍している彼女は、自身のキャリアを優先したようだ。
平子理沙 risa_hirako Instagram』では「ネット上では子供嫌い、子供産めない、スタイル維持のために子供産まないなど誹謗中傷されてきました」と前置きしたうえで、「お互いの仕事、生き方を尊重し、尊敬し合う夫婦」だったと述べている。(原文ママ)」と、「互いの仕事や生き方を尊重し、尊敬し合う」夫婦であったと述べています。
そして、仕事が好きで辞めたくない平子さんは、吉田さんと話し合い、お互いに納得した上で、夫婦二人だけの生活を続けることを選んだという。子供が嫌いだからとか、体型を維持したいからとかではなく、あくまでもモデルやファッションブランドのプロデューサーなど、自分の仕事に専念するために母親になったのだ。
坂本と平子が子供を作らないというのは、お互い様であり、苦渋の決断であった。
お互い、仕事も好きだが、両方は無理だと悟ったのだろう。
しかし、二人ともお互いを愛し、仕事も愛していたが、両方は無理だと悟った。
勇気ある決断であり、多くのカップルが進んで行うことではありません。
しかし、それは2人にとってベストだと思う決断であり、2人はそれに満足している。
ビトレリンのクーポンおすすめはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です