Acrobat Readerを使ってPDFに無料電子印鑑を押す方法

アドビのPDFビューワー「Adobe Acrobat Reader DC」には、PDFファイルを開いて確認したり、内容を見るビューワー機能があります。

ビジネスや商売では、PDF形式で契約書や覚書などをやり取りすることがありますよね。押印済みのビジネス文書を社内で保管しているケースも多いと思います。

ビジネス文書を一度印刷して、本物のハンコを押印してからスキャナーで読み込み、PDFファイルにして送り返すと、非常に手間がかかります。

Adobe Acrobat Reader DCには電子印鑑を押印できるスタンプ機能があり、この機能を使用すれば、電子印鑑の捺印がPDF上でできます。

また、スタンプ機能に角印・社印・認印・日付印などを登録しておくと、登録後の押印が簡単にできるようになります。

ただし、Adobe Acrobat Reader DCのスタンプ機能に登録できる画像形式は「pdf」のみです。JPGやPNG形式の場合は「pdf」に変換する必要があるので注意してください。

この記事では、電子印鑑の使い方を詳しく紹介しているブログをオススメしています。PDFファイルの文書に電子印鑑を押印する方法は、このリンクを参照してください。

電子印鑑を作成できるフリーソフトはいくつかありますが、インストール不要で使用できる「クリックスタンパー」や、美しい電子印鑑が無料で作成できるオススメソフト「パパッと電子印鑑Free」、「マイスタンプメーカー」でビジネス印や消しゴムはんこ印を作成するという方法もあります。

他にも、実際に使用している本物の認印や三文判、角印を紙に押し、その紙をスキャナで読み込み、画像処理ツールで加工したり、印影背景を透明化して電子印鑑を作成する方法もあります。

※ Acrobat Reader DCで電子印鑑を使うなら、事前に上記で紹介しているソフトやツールを使って印影画像を作成する必要があります。

PDFに押印する印影画像の作成方法はオススメ記事の後ろで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

日本独特のハンコ文化が在宅勤務やテレワークの障害となっていますが、Adobe Acrobat Reader DC と電子印鑑を組み合わせると、書類の電子化やペーパーレス化をどんどん進めることができます。

Adobe Acrobat Reader DCでPDF電子印鑑を作成して、ぜひ試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です