逆剃りで髭剃りしないと剃り残しが出来る人必見!

もはや義務のように毎朝行っている髭剃り。
1度くらいは自分の髭の処理方法に疑問を持つ男性もいることでしょう。
まず最も最初に悩むのは、シェーバーを使うか、カミソリを使うか、です。
シェーバーは時間がかからず簡単ですが、深く剃ることが出来ません。
ですから、髭の濃い人はシェーバーを使うと、昼過ぎにはもう髭がぼつぼつと生えてきてしまいます。
カミソリは深く剃れますが、逆剃りなど誤った使い方をするとカミソリ負けになる可能性が高いです。
カミソリ負けを防ぐためには、逆剃りはNGということを覚えておきましょう。
逆剃りは確かに深く剃れますから、仕上がりはまずまずといったところです。
しかし逆剃りをすることで肌に非常に大きな負担がかかります。
これが原因でカミソリ負けをしているケースが殆どなんですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です